シンクにぴったりのまな板を作りました(カットしただけ)

録画しておいた「趣味ドキ」で、建築家さんのお宅の台所の特集を見ました。

男性の料理好きの建築家さんによって動線がよーく考えられていて、モノが多いし決して広くないスペースなのにスタッフ2人が同時に料理をちゃっちゃとやってもぶつからない。機能的で素敵な台所だった。

私は台所はゴチャっとしていて生活感がある方が好きなので、とても良いなぁと思った。いつか宝くじをあてて家を建てるなら、この方に台所を作ってもらいたいなぁ。そこで紹介されていたのが、お手製のシンクに渡して使うまな板でした。

作業しながら下に野菜くずを落とせるし、こまめに水を流せるので清潔感もあり。あら~ナイスアイデアね~と思いました。

そしたらつつけざまに見たこれまた「スモールハウス」なる番組で、またしてもこのシンクに渡すスタイルのまな板が紹介されており。

狭い我が家の台所をどうしたら使いやすくできるかな?と常々考えている私、もういてもたってもいられず。朝イチでいつものホムセンへ繰り出してきました。

DIY棚を買ったホムセンです

お正月休みのファイナルは台所の隙間に棚を設置しました 冷蔵庫と台所の間に出来たこの隙間をどうにかしたいと、入居時からああでもないこうで...

で、こうなりました。

ビフォー(洗い桶は断捨離したもののやはり必要だと判断し、100均で買いなおしました)

アフター

衝動買いで洗い桶がステンレスに~

慎重~にはかったおかげで、ぴったんこカンカン(ふるい)でした!

これは野菜用まな板にするつもりです。これまで使っていたものを魚専用にする事にしました。まな板利用していない時も、簡単な作業台になりそう。これでまた料理がはかどるといいな~。

※まな板は通常一枚板で無ければいけないと思います。接着部分がなにか体にはよろしくないでしょうネ。長持ちもしなそう。でも私は自炊は週一の作り置きだし、気にしない性格なので(いやしろよ)良いのです。良い子は真似しないでください。

本当はシンクには洗った皿を並べる水切りも設置したかったけれど。米とぎ用のざる&ボールセットに一時置きするスタイルに定着しました。以前は布巾の上に濡れたお皿を広げてましたが、水が切れないので結局何日もだしっぱの事が多かったのですが、このスタイルにしてからは寝る前に全部吹き上げて棚へしまう習慣が出来ました。見栄えはよくないですが気にしない

いつか中古の平屋を建てる日のために、色んな台所を見て研究してます。インテリアブログには無い生活感アリアリ台所が良いです

朝日新聞デジタルのウェブマガジン「&w」(アンド・ダブリュー)は、女性に贈るライフストーリーマガジンです。

ついでにダイソーで前から気になってたコレも買ってしまった。洗顔ネットを買い替えるより安上がり。スカスカの泡だったらいやだな。

スポンサーリンク
広告(大)
スポンサーリンク
広告(大)
トップへ戻る