ひとり酒をやめる日が来るとは

帰宅後は即、カラスの行水からの~つまみをいそいそ作ってトレーで運び、テレビ台に足をのっけるのがベストポジションとばかりに、ひとり酒ライフを満喫してきた私ですが。最近は家ではめっきり飲んでおりません。(おかげでこないだ生中2杯でしこたま酔った)

仕事のあとの酒をやめる気なんてサラサラなかった。ていうか絶対に無理。なぜなら私にはお酒を飲んでテレビを見る事くらいしか楽しみが無いから。

つまみは自炊しているし、出来合いの総菜は買わないし、最後はお茶を飲んで〆ているから。〆られる=アル中では無いから大丈夫。だから酒をやめる気なんて無い!

そう思って生きてきたわけですが。

なんとなんと。あれだけ飲んでいたお酒ちゃん、無くてもなんとかやっていけそうです。

酒をへらそう、と思った理由は色々あります

親友の死、知人の死、ホストファザーの死、、(ていうかワシのまわりアル中多すぎわろた)

まだまだこれからの若い知人の思いがけない死、

そして一番の理由はこれ。己のふけっぷりです。

私はいわゆる童顔で、30位までは実年齢を言うととってもおどろかれたものでした。童顔がいいのは若いうちだけ。年取ると気持ち悪いおばさんになるヨと老け顔の友人から言われていましたが。今やっとその意味を痛感しているところです。

電車の窓にうつる疲れ顔。スマホでいきなり撮影された集合写真にうつる、疲れたおばはん。

疲れ顔・老け顔はお酒だけが原因ではないと思います。私の場合、会社のストレス~からの睡眠不足・お布団スマホ。そもそもこれらのストレスを晴らすためにまた酒を飲む。でも酒なんて、飲んだその時にちょっと気持ちいいだけで、何も解決しやーしない。翌日はだるい頭で仕事して、そして疲れてまた酒をのみ、てまた眠れなくて老け顔、という無限ループ!

もうこのループを抜けたいな、と思ったのです。

浮いた酒代は食費へまわす事とします。食費はもう、けちけちしない事に決めました。

たとえば、これまでの私だと「あっ、あさりが安いな!牡蠣も。食べたいな~~」と思いつつ、売り場をすっとする―する癖がついていました。毎週の買い置きは予算内の定番ばかり。

でもこれからは、食べたいな、と思ったものは迷わず籠へ入れる事にする。買ったからにはきちんと使い切る食べきる。食材を無駄にはしない。

割高になるかもしれないけれど、自炊を続けると、外食が思いの他ヘビーになり回数が減ります。それに「こんなもんに1000円払うなら、家でいいお肉焼こう」という思考になります。かえって無駄が減るのです。それはここ2か月ほどの完全自炊生活で実証済み。

せっせと頑張っていた作り置きも、もうしておりません。週末に仕込むのは「酢玉ねぎ」と「酢生姜」のみ。これは大活躍するので。あとはほぼルーティンメニュー。それでいいと思う。

土日になると「あぁ、つくりおきしなければ・・」という呪縛ちから解放されたし、空いた時間を本を読んだり出かけたり。有効に使えるようになった。

ついでに作り置きタイムのおたのしみ「ラジコプレミアム」も断捨離る事にしました!

うーんこれはやっぱり無理。仕事の後にジェイムス聞くのがこれまた楽しみの一つだから。ジェイチンのばかばかしさ、ポジちぃぶさにどれだけ救われた事か。

上沼恵美子のこころ晴天も(てつじの回だけ)聞きたいし。無理!

これからは、食事・運動・12時前に寝る!そして早起きをこころがける。その代わり外で飲む時はきちんとおいしいお店に行く。飲み放とか行かない。大切な人と行く。無駄な飲み会、つきあい飲みもやめる!

会社につとめている限りストレスはあるから、即脱・老け顔とはいかないだろうけど。それでも5年後、10年後には違っていると期待して。

というわけで、長〰い間お世話になった酒カテゴリよ、さようなら~

毎日せっせと書いていた旧ブログで、5位が最高位でしたw。

読んでくれていた方(いるのか)ほんとにありがとうございました。これからは40代おひとり様、というところへ参加しようと思います~~ 戻ってこないように生活がんばりまース

スポンサーリンク
広告(大)
スポンサーリンク
広告(大)
トップへ戻る