またどうどう巡り

↑タイトル。 (読むほうもうんざりですね。)

仕事やめたい病のピークが6月だったんだけど。

いざやめよう!って今日こそ言うぞ!っていう日に限って人の優しさにふれ。

うーん、もう少し頑張るんば!

その繰り返しでここまできた2年と6か月

ほんとに毎日嫌だったな

3日くらい、今日はいい日だったな、って日もあったけど。

仕事は嫌いではない。

仕事とおして色々学んだ。パソコン教室へ行くより勉強になった。

嫌なのは

通勤の殺伐とした満員電車と(死んだ凶暴なさかなの目)

職場の席並びと

女同士のめんどい人間関係

幸いにも部署のおじさんらは皆優しくて、それだけが救いであった。

おっかないおじさん嫌い

これでおじさんらもおっかなかったら、確実にやめていただろうな

おじさんらが優しい分、うちの会社はおばはんたちが皆キツイ

うちに来る派遣サン、みな派遣される前に「おばはんたちキツイけど、根は悪くないから。慣れるからね」って言われてきてるのワロタ(私も言われた)

はっきりいって、私はおばはんがキツイのは平気です。おばはんなんて最高に頭来たときは言い返せばいいんだし~ (それで何度も衝突したけど)

おじさんが怖いほうが嫌だ。おじさんにはなぜか言い返せません。

うちは父親が娘らに超甘いので(年に2回くらいは怒るとおっかなかったけど)おっかない男の人に免疫が無いのです

おばはんはいいとして。

それよりも 同年代の中年おばさまと、ちょっと下・三十路の女子ども(三十路で 女子いうな)らがよっぽどめんどくせえわ!

は~~ ほんとめんどくっさ!!!

手に職さえあれば、山奥にひきこもって一人でもくもくと働きたいよ。。。

妹や従姉妹のようにドライビングテクニックがあれば、運転系の仕事もしたかったなー

ひとりもくもくとラジオ聞きながらさ。 まぁそれもそれで色々大変なのですけど

楽な仕事なんてないよーっ

しょぼい起業で生きていく/えらいてんちょう【合計3000円以上で送料無料】

価格:1,430円
(2019/10/22 10:05時点)

私はただ、日々もくもくたんたんと働きたいだけなのに。

でも、同じ派遣さんでも、同じような境遇にありながら、一匹狼でもくもくと働いてる女子もいる

かしこいなぁ、と思う

私はなんかそこまで一匹になる度胸はないのよね

それにおしゃべり好きだしい。

でも毎日ランチつるむのは嫌~~

はーおまえが一番面倒くさいわ!

今一番の悩みは、春からずっとだけど、席の後ろにずらりと、しかも超近い距離に違う部署の人たちが並んでるのが死ぬほどきつくてたまらない

去年までは後は一列無人だったのに、会社が規模縮小でレイアウトが凝縮されてしまったのです

後ろなら目線あわないし、病気も出ないかな、と思ったけど。脇見が発動しちゃったよ

あー つら!

でもこれって、きっと後ろの人たちもつらかろう すみませんという気持ちでいっぱい。

春までなので、辛抱してくれという気持ち。

それにこの席がいやだからってここで逃げても、どうせまた次の部署だってぎゅうぎゅうつめなんだからね。ならばここでちゃんと苦手な事と向き合わなければ。。(背中合わせだけど)

と頭では思う物の

つら!

しかしわしの元ランチ友達二人は、ぽつんと一軒家ならぬぽつん席なんである。

私も両隣はいないからある意味ぽつんシートなんだけど、奴らは後ろも誰もいないし席にはパーテーションまであるってんだから

夢のパーテーション。。

どうしてワシだけこんな席なのーっとよくこぼしていた。

二人も、「さやさんの席だったら私とっくにやめてるよ」なんて言ってたけど。健常者でもつらいと感じる席なのかな、ワシの席は。もう病気になる前の感覚を忘れてしまった。

しかしワシだけ。日頃の行いが悪いから、こんな苦行のような席になるのだろうか。。

ここでふんばれば、次はパラダイスシートへいけるのかな

しかし 思ったんだけど。この二人は仕事出来るんだよなーーっ

部署に女がポツン、ということは、すべての事務を一人で責任持たなければいけないってことだからな。ワシには無理であろう

たとえ仕事ができないおばはんパイセンでも、一人いてくれる今の部署はほんとに気軽だ

引きこもる為のお金もまだまだ足りないし~

こんだけあればもうセミリタできるだろう、というまではあと2年はかかる

そしていざ2年ごに貯金が貯まったら、「やっぱりもう少し貯めたいな」ってずるずる働くんだろか。

とにかく 今はとりあえず年内

年内をきちんとお勤めする事にしよう

不快感与えず、真面目に働き、もくもくと一日を消化しようではないか

3月まで更新するかはその時考えよう

しかし わしもついに最後の更新か。。。。

まぁ 我ながら3年 よく持ったほうじゃねーの

この社会不適合者が。

次もやさしいおじさんらに囲まれた、仕事そこそこ簡単な仕事にあたるといいなぁ~

「本当の大人」になるための心理学 心理療法家が説く心の成熟 (集英社新書) [ 諸富 祥彦 ]

価格:902円
(2019/10/22 10:10時点)

スポンサーリンク
広告(大)
スポンサーリンク
広告(大)
トップへ戻る