マフィン焼いてカレーも煮ちゃう

我が家は毎週水OR木はカレー曜日です

「週に1回は休肝日を作らなきゃダメ!!」、という実家(母)の取り決めに、我が家ものっかった形です。まあ今では私も週末しか飲まないんですけど。

カレーはずっとハウスバーモンドカレーにSBのカレー粉を入れたりケチャップ入れたりトマトをぶちこんだり。気分で味付けしていたのですが。美味しいけどパンチが無い(夫)カレーでした

自分でも「うーん美味しいけどパンチがない」と毎回思ってました

先日実家に1週間程滞在したのですが、その時食べたカレーがめちゃくちゃ美味しかったので、母に「ヒケツを教えてくれ!!」と問いただしたところ、

スパイス(クミン・コリアンダー・ターメリック)に中村屋のカレー粉やらバーモンドカレーのルーやらをぶちこんでるだけだよ。簡単だよ、という。

ヨガを長年やっているくせに(?)スパイスには全く関心が無かった私ですが、図書館で早速「スパイスの基本」なる本を借りました。スパイス3種で作る基本のカレー、思ったより簡単そうです。

うーん、スパイスだけでカレー・・・作ってみたい!

思い立ったが吉日!とばかりに作ってみた。

玉ねぎを飴色になるまで炒めるんですが、テフロンのせいかなかなか本のように黒い玉ねぎになりません。30分炒め続けて疲れたのでトマト投入。これでもいつもに比べたらだいぶ炒めたほうです。今までのカレーに全く「コク」が無かったのは、玉ねぎのせいもあったのね。

トマトをくつくつ煮込んで汁気を飛ばし、先に炒めておいた豚肉をぶちこみます。

失敗点がトマトを200g入れるところを、ろくにレシピ読まないマンなので400g(缶まるごと)投入してしまって、カレーというよりトマト煮こみ的になってしまった!私の嫌いなラタトゥイユ風! これは嫌だ― ということで本来ならばスパイ3種のみで作るところを、バーモンドカレーを1片入れてしまいました

しかし!やっぱり市販のルウは救世主(メシア)であった。

まいうーーーーーーーーーーーーー!!!

なんだこのカレー超まいうーーーーー カレー屋開けるんじゃね?ってくらいまいうーーーーーでした。

借りた本によると「スパイスだけのカレーは最初もの足りなく感じるかもしれません。お店や市販のルーは脂分を多くふくんで美味しく感じるように作っているのです。スパイスカレーを作り続けるうちに本当の美味しさがわかるようになります」と記してありました。

私のカレーおばか舌も、本物がわかるように変化するんだろーか。

次週は材料をきっちり測ってスパイスだけで作ってみます

ストックのクッキーが切れたのでお菓子を焼こう!と思いたち。

図書館の「今返却されたばかり棚」でたまたま見つけて借りたレシピで

マフィンを焼いてみました。(この棚はいつも素晴らしい出会いがある)

マフィンの型が100均でどこも売り切れだったので、中途半端な型に入れてみた

うーん、ひとつの型に全部流せばよかった

割れ目も入っておいしそうに焼けました

バターを使わず、ヨーグルトと豆乳のレシピです

一口目はなんとも物足りないな、やっぱりバターは必要だよなぁ、と思ったけど。

後ひく美味しさで気づいたら1本食べつくしてました。

そして、食べてみてわかるこのシンプルな味わい。

す〇ばとか、ど〇ーるの甘いマフィンは、1つ食べただけで胃がもたれる私ですが、これは後味すっきり。ぱくぱくいけたのです。これはリピ決定でーす(ククパ風)

ていうか、週末までのおやつなのに、すでに残り1本しかないって。。。

カレーもお菓子も自家製を食べ続けていく事で、味覚も体調も良いほうへ変わっていくと思います。楽しみ。

そしてますます外食も減りそう。いいことづくめ!

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク
広告(大)
スポンサーリンク
広告(大)
トップへ戻る