おひとり様限定ツアーに参加した話

去年のちょうど今頃、2019年6月。

クラブツーリズム「おひとり様限定ツアー」でイギリスを旅行しました。

去年の今頃は。。。と思い出に浸っています。

そんな旅行記をおいおい綴っていきたいのですが。

2019年の6月初旬、おひとり様ツアーでイギリスへ行ってました ちょうど昨年の今頃は・・・ 帰国したばかりでイギリス脳の...

旅行記を綴る前に先立ち。

「海外おひとり様限定ツアー」そのものに関心がある方も多いのではないだろうか?と思い、ツアーの実状を記してみました。この先海外旅行なんていつ行けるかわかりませんけど、来る日にむけて。興味のある方はご一読ください

おひとり様限定ツアーとは?

参加条件:ひとり参加

メンバー全員が初顔合わせ・初対面同士の団体旅行です

今や多くの旅行会社が開催してますね

参加のきっかけ

29歳の初海外旅行から、私の旅はつねにひとり旅(新婚旅行のぞく)でしたが、行き先はアジア、オセアニアばかり。ヨーロッパは憧れていたものの、金銭的その他色々ハードルが高くて、行った事がありませんでした。

イギリス映画を見て、英会話をゆるゆると習いながら(※話せません)いつかイギリスへ行く日を夢見て貯金の日々。

そんな時。

たまたま帰省先の実家で雑誌をめくって、目にしたのがこのツアー広告

行程を見た瞬間、「これは初イギリスにもって来いなのでは??私の為のツアーかな??」と衝撃を受け、ページを引きちぎりw、その場で電話で申し込みしました

即断ポイント

・イギリス国内の要所要所を巡りつつ南下→最終的にロンドンへ行ける!

・ロンドンでは半日も自由行動がある

・全日程において一人部屋である←重要※

※このツアーではひとり部屋がデフォでしたが、ツアーによっては「別料金」もあります。私のようにひとり部屋に重きを置く方は、申し込み前に要確認です

事前に顔合わせがありました

我が家は新宿からものくそ遠いので参加しませんでしたが、事前にツアー参加者の顔合わせの会が行われてました。実際どれだけ参加したのかはわかりませんが、参加しなかったからといって疎外感とかは全くありません

参加メンバー年齢層は?

当日は空港待ち合わせ

参加者14名のうち、男性は2名。

30代位の男性と、現役引退して優雅なおじさん。いずれもおひとり様ツアーのご常連。

女性は40代後半の私と、おそらく50代~60代後半と思われる優雅そうな奥様方。

ヨーロッパツアー、おひとり様ツアーのリピーターもいましたが、皆初対面でした。

ご常連によると、おひとり様ツアーはハマる人はすごいハマるとの事です。

ハマるにも先立つものがないとね、と思いますが

部屋割りとか飛行機バスの座席決めは

飛行機の中ではツアーメンバーで一かたまりでした。。

申込時に「席の希望は伺いません」と言われてました。

行きの便で私は見事に3列席のど真ん中w

15時間正直きつかったです

一番若いから?いや一番若い男の子は端っこだし。

ご常連は先に希望を伝えていたのでは?と色んな思いが頭をかすめる。

(個人の感想です)

帰国便では添乗員さんの考慮により希望の席(通路側)に座れました

ツアー中のバスの席はくじ引きでした。

添乗員さんが、8日間不公平のないように采配してくれました。

それでもホテルの部屋をめぐっては、小さい不平不満も出たり。

【3日目リバプール】

この日は欧州チャンピオンズリーグでリバプールが優勝!

ホテルの窓から下を見ると、町はとんでもない騒ぎです。

思わず写真を撮りまくり、動画取りまくり!

夕食時に皆でコーフンしながらスマホを見せ合っていると。。

「えっ、私の部屋、窓開けたら目の前壁。。。」という奥様が(;^ω^)

その時はちょっと気まずかったです。すべての人が満足するのは難しいですネ

毎日がパッキング。忙しい!

8日かけてイギリスを南下する旅

自分はバスに座ってるだけで要所巡りが出来る、楽ちん移動です。

ただ毎日移動という事は、パッキングとの闘いでした。

宿ではその晩に必要最低限のものだけを取り出し、翌朝は急いでそれらを詰めて、決まった時間までに廊下にスーツケースを出して置くのですが、これが結構大変でした。日を追うごとにパッキングの達人になっていくんですけどね。

最終日のロンドンは連泊でどれだけありがたかったか・・・!

(どうでもいい話)

ツアー初参加の私、「皆に迷惑かけまい」と心配するあまり、初日のスコットランドでスーツケースを床にひらいた状態で眠りました。その夜はフライトの疲れと、ビール(ホテルで一人飲みw)でほろ酔い状態でした。

真夜中目を覚ました私、トイレに行きたくて暗闇をさぐりさぐり彷徨う途中でスーツケースにけつまずき。とっさに手をついて左手頸を骨折しました。

そのまま病院へ運ばれ、翌日の昼まで拘留されたのです。

【石膏でがちがちです】

ツアーに初めて参加される方、くれぐれも

・初日の夜は嬉しくても酒はひかえましょう(元気ならツアー中にいくらでも飲める)

・翌朝の心配をするあまり、床にスーツケースを広げて寝るのはやめましょう

・夜中トイレに行くときは、面倒でも電気をつけましょう

バス移動きつすぎワロタ問題

個人では行きづらい、交通の不便な場所も訪問出来るのがツアーの最大の利点だと思いますが、それだけバスに依存する事になります。道は舗装された綺麗な道路だけではありません。時にはとんでもなくクネクネとした道も走ります。

病院から皆においつき、やっとツアーに参加できる!と張り切ったその日。

朝はモリモリとたいらげ、普段同様キツメのパンツを履きました。座席はくじでタイやの真上です。興奮して乗り込んだのもつかのま、発車後ものの5分で「降りたい!!!!」と叫んでいました。

バスのはんぱない揺れで気持ち悪くて悪くてしょーがないのです。

しかも窓はハメ殺し?地獄かよ。きわめつけが、ドライバーさんの好みかしらんけど、消臭剤?の香りがはんぱなく気持ち悪い

「いざとなったらバスにはトイレがついてる。大丈夫だ~」と自分に言い聞かせ、なんとか次の目的地へ着いた時は泣いてました。後で知った所、バスのトイレは使用禁止だったんでした。一体何のためのトイレ??

車酔いの薬も持参しなかったほどのツアー初心者、翌日からは

朝食はフルーツだけにして、

上も下もゆるーい服を着て、

バスの座席には二重にした袋をぶら下げました。(リバース用)

車酔いは日に日に軽くなったものの、すっきり~とはいかず、移動中は大好きなお酒も、フィッシュアンドチップスも一切口に出来ませんでした。

平気で飲んで食べてる奥様が大半でしたから、これはもう体質としか言えないかもしれません。普段から乗り物酔いしやすい方は服装、食事お気を付け下さい

【写真撮っただけ。。youは何しにイギリスへ?】

ツアー中の雰囲気は?

メンバーは大人の集まり、お互い全く干渉しません。仲良しになって一緒に散策する人たちも出てきますが、一人行動の人もいる。私は時についたり離れたりしてました。

食事はランダムに座るのですが、隣り合えば楽しく会話をするし、困っている人(私w)がいれば手を差し伸べてくれる。

ほんとに旅慣れ(ツアー慣れ)した皆さんで、旅行中に嫌な思いをした事は一度もありませんでした。だから皆常連になるのかもしれないですね

ただ、定年退職後の常連おじさん、この人がまぁ遅刻魔のトラブルメーカーだったんですが、放置されるのも慣れっこみたいでしたw

干渉しない分、解散もあっさり。

ていうか気づいたらもういませんでしたww

骨折でご面倒をかけたので皆さんに一言ご挨拶したかったのですが、唯一今も連絡をとっているご常連の友によると、そういうのは不要なんだそう。

「最初はさみしい気もしたけど、すぐ慣れる。」

帰国後に交流会がありました

帰国後にクラブツーリズムから「皆でお茶を飲みながら、旅行の思い出を語りませんか?参加費500円」との連絡がありました

夢の一週間ですっかりイギリス脳の私、「スコーン食べながら紅茶を飲んで写真を見せ合うのかな♪」と、お花畑状態。

唯一連絡を取っているお友達を誘ってのこのこ出かけました。

このお友達はツアー常連なんですが、この会は初めて参加するとの事。

他の奥様方にも再会出来ますように、、という期待もありました。

ほんとに純粋な私w

この会

思い出を語り合うというより、ただの「ツアーの宣伝会」でした。

こんな催しと知っていたら、交通費と貴重な休日をつぶして行く程の事はなかった(クラツーの方すみませんm(__)m だがありのままを書く)

他の地域のツアーに興味がある!という方は行って損はないと思いますよ。

あと、私のように友人に再会するきっかけにもなりますしね。

当然ながら旅慣れた奥様方は一人もいらっしゃいませんでした

そらそーだ( ;∀;)

お茶菓子は、紙コップの麦茶とおせんべいでしたw

おひとりツアー・また参加したいか?

と言われれば、もう結構です笑

いっさいがっさいをお任せ出来て、要所要所をいいとこどりで巡れて、とっても楽しかったけど。いかんせん忙しかった。それでも奥様方はみな超元気!私もあれ位の年になったらあんな風にパワフルになるんだろうか。それまでは貧乏一人旅に戻ります。

この先またどおーしても行きたい場所が出来て、そこが僻地で、個人では行きづらい場所だとしたらまた参加するかもしれませんが。今のところイギリスに行けた事で満足です。

本格的に行く時のための「下見」で行くのもいいかな、と思います。私は「いつかロンドンに3か月位滞在して、暮らすように旅してみたい」とずっと夢見てるんです。なので下見の意味もありました。でもこれで貯金を使い果たしたし、コロナだし。次に行ける時なんて来るんだろうか。

参加者さんの中には、「アジアを一人旅した時に財布を盗まれてえらい目にあったから、それ以来旅は絶対にツアーと決めているの」という人もおりました。安心を買うって事ですかね。私からしたらアジアにツアーで行くなんて富豪かしらと思いますが、何に重きを置くかは人それぞれです。

あ、ツアーでも個人でも「旅行保険」だけは必須です。一番安いのでもいいので必ず入って下さいね。

最後に

このツアーに2020年今年の参加であったなら、私のイギリスへの夢はかなわなかったでしょう

しかもこの先も、ヨーロッパへ行ける日なんていつ来るのかな。

昨年に行けた事が、とてもラッキーでした。

広告を見つけた自分、すぐに電話した自分、へそくっておいた自分( ;∀;)

えらい!笑

そして、旅慣れた人生のパイセン方と憧れの土地で過ごした8日間は、何ものにも代えがたいです。

団体行動が無理の私でも満喫出来たので、おひとりツアーはおすすめです。

行ってみたいけど躊躇するーという方。今は海外も行きづらいですし、まずは国内旅行から参加してみたらいかがでしょう。絶対に楽しいものになると思います。行きたいと思った時が出かける時!!

以上 おひとり様ツアーについて。個人の見解を綴りました(長すぎ)

これを読んで、自分もおひとりツアー行ってみたい!行った!という方は、ぜひコンタクトから旅の感想を聞かせてください♪

おしまい

↑この日この時ご一緒した奥様御覧になりましたら、ぜひご連絡を。

ツアー中一滴も飲めませんでしたので、お酒酌み交わしたいです。

スポンサーリンク
広告(大)
トップへ戻る