お水の濁りは取れるのか取れないのかどっちなんだい

GWで帰省していた夫の野郎が、わがめだかちゃん水槽を見てひとこと

「いや、水きたなくね??」

 

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン ←なつい

 

 

 

夫の実家でも水槽でめだかを飼ってるんですけど、(舅がゴルフ場の池で捕獲した10匹が、今や50匹w)こんなに水は濁ってないぞ、と。

日当たりが良すぎて水草が伸びすぎている。水草もめだかも生きるのに必死でどっちも酸欠になるぞ

大至急水を変えてやれ、と。

で、素直なわたくしは急遽水を1/6ほど変えてみたのですが、ますます濁ったっていうw

水流を上げたけど、綺麗にならない

 

 

濾過もエアーすらしていないコンテナの水はとってもキレイです

お高めの黒い土がきいてるかな

 

 

 

 

で、急遽おなじみのホムセンへくり出し

ミナミヌマエビちゃん10匹

ヒメタニシ5匹 を購入してきました

 

 

 

まずはエビちゃんを、半日かけて水合わせをして、5匹ずつ放ちました

水槽のエビちゃんず、速攻土管に隠れてしまったw

 

しかも、これまで土管を華麗にスルーしていためだかちゃん達が、土管の上を旋回www

出たり入ったりしはじめたww

 

エビちゃんずがますます怯えてしまうと不憫なので、入り口をマツモで蓋しました

早くなじんで、かわいいツマツマ姿を見せてくれますように

 

 

ヒメタニシは、水槽に3匹

コンテナに2匹導入します

 

ブラシでこすこすして、水合わせ

 

 

もそもそ 動き出しました(*´Д`)

 

 

 

ホムセンの花屋を冷かしてたら、水生植物界ではおなじみ・杜若園芸の水草を見つけてしまった!!

即買いしました(*´Д`)

 

 

コンテナのめだかちゃん達はだんだんとなついてきて、浮上してくるようになり

嬉しい反面、コンテナに慣れためだちんの縄張り争いがすごい事になってきました

ちびっこは怯えてしまうし、どうしたもんだべ?と悩んでいたところ、とあるブログで、「飼育下のめだかになわばり争いがおこるのは、飼育環境が良い証拠なのです」とありました

ほんまかいなw

「水槽に対してめだかの数が少ない場合も起こります。数を増やせば解決します」ともあったので、素直な私はさっそくちびちゃんと同じヒメダカを3匹追加放流したところ(水合わせしてます)

 

なんていう事でしょう~(*´Д`)

喧嘩がぴったりと収まったではありませんか

 

 

ヒメタニシちゃんがやって来た

 

まったり~と泳いでます(アレクサうるさくてすみません)

ちびっこが追い立てられる事が無くなり、あんなに逃げ回っていたお姉さん達とならんで泳いでいるではありませんか~( ;∀;)

か、感激だーっ

ちびちゃん、よかったね・・・(*´Д`)

 

なんでも、数が多いと、めだかちゃんも縄張りの主張をあきらめるんだそうです

ほんまかいなw

 

 

水槽のタニシさんたちは、土管のそばでじっとしていて、動きません

おっかないのが、ずっと土管に引きこもっていたエビちゃんずが、タニシが着陸したとたんにワラワラと出てきたことですw

肉のにおいを感じたのかな・・(*´Д`)

おいおい、餌じゃねーっつの!!

 

 

仲良くお掃除部隊として、活躍してくれますよーに

さぁ、濁りは取れるんでしょうか~っ

 

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました